NO IMAGE

テストステロンを増やすサプリは効くの?注意点とおすすめのメーカーも紹介

今回はテストステロンを増やすサプリメントを使うべきなのかお伝えしていきます。

あくまでも健康には栄養バランスが大事になります。しかし、どうしても摂取できない栄養素はサプリからの摂取が手軽です。

とはいえ、何でもサプリに頼るには注意が必要に。

何種類かサプリを試してみた筆者の感想としては、

  • サプリは使ったほうが良いケースとそうでない場合が
  • 実際に効果を感じるサプリと効果を感じないサプリも
  • 長く使ってると効果を感じられなくなるものも

ではどうやってサプリと向き合っていけば良いのか?

まずは、テストステロンが作られるシステムとサプリメントの注意点について触れていきます。

Q.テストステロンはどうやって作られるの?

A.テストステロンは男性の場合、殆どがが精巣(睾丸)から作られます。一部は副腎から生み出されますが、精巣に比べて取るに足りません。

「という事は、精力を高めれば良いんだ!」って話ですね。

意味がないどころか悪影響になるサプリメントもある!?サプリの注意点

精力を高める事でテストステロンが増えると仮定しまして、精子の質を上げる栄養素として抗酸化物質があります。

抗酸化物質を取る人は老化やがんの原因になる活性酸素を中和し、長生きな傾向にあり、テストステロンも多めになるんです。

だからといって抗酸化物質の摂取にも限度があります。

活性酸素にも細菌をやっつける役割があって、活性酸素が極端に減るのもかえって良くないんです。

サプリなどによって抗酸化物質を取り過ぎると、とある研究結果からして短命な傾向になります。

栄養は取り過ぎると毒になります。適正量なら効果的に作用しても、取り過ぎは不足するのと同じように体にとって良くないんですよね。

体が弱って栄養の摂取すらできない老人ならともかく、健康的な若者にサプリは必要ないんじゃないかという考えもあります。

サプリが良くない根拠として詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

飲んではいけない!ビタミン剤

ビタミンは、人間の代謝作用を助ける重要な栄養素。ビタミンの摂取が不足すると欠乏症を起こすことがありますが、ほとんどのビタミンは体内で合成されないため、食品などの形で外から摂取する必要があります。ビタミンBには疲労回復効果、ビタミンCやビタミンEには優れた抗酸化作用があり、老化やがんの原因になる活性酸素を中和することが知られています。人間が健康を維持するうえで必須の栄養素であるビタミンですが、…

この記事を要約すると

サプリメントの注意点(記事の要約)
・ビタミン剤はサプリメントで取っても効果がなかった
・ビタミン剤を摂取した男性は前立腺ガンのリスクが倍増
・ビタミン剤がガンと心疾患のリスクを高める
・サプリメントは、ほぼ審査を受けないまま偽物も多く流通してる

ビタミン剤などで過剰に抗酸化物質を摂取すると、体内での活性酸素の生成と破壊のバランスが崩れて免疫システムが不自然な状態となり、有害な侵入者を殺す能力が衰えてしまうのです。 ーー

欧州では、サプリメントに対する規制は、欧州食品安全機関(EFSA)が行なっていますが、その基準は相当に緩いものです。

日本では、サプリメントは一般食品として扱われており、国による安全性や有効性の審査は行なわれません。

また、インターネット上には、さまざまなサプリメントが大量に流通していますが、偽物である場合や日本では未承認の医薬品が含まれている場合があるなど、安全性には特に注意する必要があります。

日本消費者連盟

サプリメントは、栄養バランスが偏ってしまい、そもそも表記通りに栄養が入ってるかどうかも分からない無法地帯です。

サプリメントの効果も定かではなく、例えば効果が確認できたビタミンdを除くビタミン剤や亜鉛は寧ろ有害という研究結果に。

 

実はサプリメントは効果を実証されてるものが殆どありません。

根拠として示されている研究結果というのもいい加減に作れてしまう一面も。

https://globe.asahi.com/article/12777030

何が正しくて何が間違いなのか、混乱してしまいますね。

判明していないサプリメントとの付き合いは、自分の健康状態や明確になっている研究結果と照らし合わせて考えてみるのが良さそうです。

中には研究から効果が証明されたサプリメントもありますけど、できれば食品からが良いですね。どうしても不足してしまう栄養素にサプリメントを使うのが無難になります。

 

食品には様々な栄養が含まれています。何がどう作用してるか分からないこそ、リスクの少ない野菜などの食べ物を色々食べてみるのが良いのかもしれません。

 

※危険 若い人は特にやめておきたいテストステロン増強剤

亜鉛といった、体に必要な栄養素はともかく訳の分からないサプリの摂取はできるだけやめておきましょう。

その一つの例がこちらのテストフェン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バルクスポーツ】テストフェン 60タブレット
価格:3758円(税込、送料別) (2020/4/28時点)


説明欄を読みますと

バルクスポーツサプリメントは品質を保証する方法にしたがって製造されていますが、こちらの商品にはTSPマークがついていません。これはテストフェンに配合されているフェヌグリークのためです。
フェヌグリークは禁止物質ではありませんが、天然のステロイドを含有することもありますので、薬物検査対象アスリートは本製品を使用しないでください。

販売先の説明欄

なんと、ステロイドが含まれている可能性が示唆されています。少なくともクリーンとは呼べない、サプリというよりは医薬品に近いかもしれません。

ステロイドは男性ホルモンの分泌を直接促して、テストステロンを爆上げする効果があります。

しかし、その代償としてステロイドを摂取し続けないとテストステロンを分泌できなくなって以前よりテストステロンが減ってしまう恐れがあるんです。

レビュー欄を読むと若い人には効果がないようで、身長が止まってしまったとの声も。

これだけのリスクがありながらも、殆どの販売先ではこういった注意書きすらない現状でした。 それでもオナ禁しながら使用されてる方も多いみたいです。

そこで、これから説明するサプリの選び方の基準の一つとして、GMPマークというものがあります。(テストフェンにGMPマークは付いていませんでした。)

安心できるサプリの見分け方を知っておきましょう。

サプリメントはアメリカ製がおすすめ

サプリメント業界には偽物が出回っているなど、殆どのサプリメントは審査を一切受けないので悪く言えばやりたい放題なんですよね。そこで、サプリメント大国のアメリカのサプリメントがおすすめです。

アメリカではFDA(厚生労働省みたいなもの)がアメリカのサプリメントに対して審査しています。その基準は世界一厳しいと言われるほど。

さらにアメリカでは『GMP』という、これまた厳しい品質基準が義務化されており、製造から出荷まで安全に作られています。

GMPは日本で義務化されてませんが、気になる方は商品画像にGMPというマークが付いてるかチェックしてみると良いですね。 GMPマークはこんな感じです↓

厚生労働省・(独)国立健康・栄養研究所 から引用

海外のサプリメントなんて大丈夫なの?って思われていた方もいたかもしれません。が、アメリカサプリメントの安全性がお分かりいただけたかと思います。寧ろ放置されてる日本製より安心です。

アメリカのサプリメントの良さはこれだけではないんですよ。

アメリカ産サプリメントの特徴

・安い

・それでいて栄養含有量が日本製より断然多い

・そして錠剤がでかい

品質が高くてなおかつ中身も詰まっているので、日本製とアメリカ製があったら筆者は迷わずアメリカ製を選びますね。

おすすめのサプリメントメーカー

アメリカ産サプリメントの良さをお伝えした上で、おすすめのサプリメントメーカーを紹介します。結論から言いますと、Now Footsがおすすめです。こんなデザインのやつ。


サプリメント使用経験のある方なら一度はお目にするでしょう。サプリメント界のドンです。そんなNow Footsの特徴がこちら↓

Now Footsの特徴
・コスパが高く品質が良い
・取り扱うサプリメントが1500種類という圧倒的な規模
・一般家庭からプロスポーツ選手まで幅広く支持される評判の良さ
・1968年から50年以上も続く信頼の老舗

迷ったらNow Footsを選んでいます。

テストステロンを増やす栄養素の摂取方法が気になる方はこちら↓

テストステロンを増やす食品とサプリを栄養別に効果的に取るには?

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!