オナ禁中の金玉の痛みを治す対処法【結論:心配無用】

この記事を読まれている方は、オナ禁中にふと金玉がズキズキと不快感がする。そんな状態になっているのではないでしょうか?

そうであれば、その痛みを何とか治したい、或いは大丈夫なのだろうかと心配になっているでしょう。

それでは、金玉の痛みの原因は何なのか、長年オナ禁している筆者の観点を交えて対処法を解説していきます。

金玉の痛みに苦しんでいる人達の声

まず初めにオナ禁中の金玉の痛みについての声をTwitterで調べてみました。

一通り見てみましたけど、オナ禁を始めたばかりの方が多いのかな?という印象でしたね。

中でも23日間オナ禁されてる方が比較的長期になるんですけど、亜鉛摂取により、溜め込んでいるのではないか?との事でした。

また、オナ禁できてない方にも欲情して金玉が痛いという意見もあります。

全体的にオナ禁慣れしてないか、亜鉛の摂取により精子のストックがキャパオーバーしてるのではないかという印象でした。

金玉の痛みは放置しても大丈夫なのか?

実はこの痛みは欧米ではブルーボールズという症状として知られているんです。

ブルーボールズというのは、性的に興奮した男性が欲求を満たせず、一時的に強い不快感や鈍い痛みだけが取り残される状態とされています。

では、この痛みを放置しても大丈夫なのかという話ですが、悪影響は殆どないとの事です。

ブルーボールズを治す方法

ブルーボールズを治すには、その原因を取り除く必要があります。

ブルーボールズは、勃起時のペニスの圧力が射精によって解放されない時に起こるそうです。

治す方法としては射精、つまりオナ禁のリセットという事ですが、オナ禁は続けたいですよね。

それも大丈夫です。

筆者の経験では放置していても何日も続くものでもなく、あくまでも一時的な痛みとして放置していれば自然と治ってきました。

耐えられない痛みでもないと思います。

ブルーボールズの対策として筆者の見解

ブルーボールズは自然に治るという話をしてきましたが、そもそもブルーボールズになりたくないという方に対策をお伝えしましょう。

これはあくまでも筆者の経験に基づくものですが、数百日単位でオナ禁をしていてブルーボールズになった記憶がありません。

ブルーボールズになるのは、リセット後など、オナ禁が出来てない状態という認識をしています。

長年オナ禁をしているとそもそも不必要な精子は余計に作られず、体内に吸収されるようになるそうです。

目安として一か月以上継続を続けていると安泰かと思います。

また、不必要に興奮して寸止めを繰り返したりするのも良くないかもしれませんね。

まとめ

今回は、オナ禁中に興奮が痛くなる原因と対処法についてお伝えしてきました。

ブルーボールズは射精したい!という欲求が満たされない時に起こる現象です。

悪影響はないので、現在金玉の痛みに悩んでる方も、放置していれば数日内に治るかと思います。

対処法としては、オナ禁継続によって精子を体内に吸収させるのと、できるだけ興奮しないようにエロ禁も合わせて行っていくと良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!